--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/08/28(木)
『【天然酵母パン】ぶどう酵母のミニ食パンとフランスパンもどき』
ぶどう酵母をライ麦粉で二回継いで元種を起こして作りました。
酵母の元気が良かったのか、発酵力が今までで一番強かったしよく膨らんでくれました。


DVC00122.jpg
ミニぶどう食パン
うっかり上を焦がしてしまいました
DVC00121.jpg
断面

DVC00123.jpg
見た目フランスパン
生地は上のパンと同じです。でも焼き方が違うだけで食感が結構違います。

食パンはふんわりもちもち。
フランスパンは外はかりっとして、中も噛み応えがありました。

ぶどうの風味とレーズンの甘みがマッチしてて美味しかったです。
スポンサーサイト
2008/08/21(木)
『天然酵母のパン 色々』
お久しぶりです。

連休の間、初日はお出かけしたんですがその他は家でパンを作ったり料理したりしてました。



DVC00116.jpg
ぶどう酵母(ストレート法)のクランベリーとレーズンのリュスティック
ベリーとレーズンをたっぷり入れて、ストレート法で作ったので匂いが良かったし噛めば噛むほど味が出てよかったです

DVC00117.jpg
ぶどう酵母(元種法)のバターロールとレーズンクッキー
味は良かったけど、もうちょっと膨らんで欲しかったけど、天然酵母だしこんなもんなのかな?

DVC00118.jpg
パネトーネマザーの白パンとベーグル
今回初めて白パンを作ったんですが、焼き方帰るだけでこんなに変わるのには驚きました。
ベーグルと白パンは同じ生地で作ったけど、こんなにも変わるなんて

今はぶどう酵母に新しい巨峰とか継ぎ足して継いでるけど、かなり元気がいいので近いうちにリュスティックを作ろうと思ってます。リュスティックは楽だからついつい作ってしまいます。

あと、新しくトマト酵母も作ってるのでどんなパンを焼くか今から思案してます。


パンはやればやるほど奥が深くて(自分はまだまだ入り口付近だけど)楽しいです。
2008/08/13(水)
『巨峰酵母のリュスティック』
もらい物の巨峰で作った天然酵母ができたのでパンを作ろうとしたんですが、平日の仕事でしかも終わったのが遅かったのでこねる気力がわかず。。。

あまりこねなくても良いリュスティックを作りました
DVC00113.jpg
生地をいじりすぎたせいかあまり膨らまず・・・

≪材料≫
強力粉(カメリア)    160g
薄力粉           40g
酵母液          150g
砂糖             5g
塩               3g
スキムミルク        3g

≪作り方≫
酵母液以外を良く混ぜておいて、そこに酵母液を入れてゴムへらで混ぜる。
ドロドロしてて混ぜにくいけど、ゴムへらで練るように混ぜるか、手で混ぜるかして全体が混ざってある程度まとまったら、ラップ等でふたをして1次発酵(一晩 7~9時間くらい?)

二倍くらいに膨らんだら、打ち粉をたっぷりした台の上に出して軽くガス抜き。
そのままの形でいいのでベンチタイムを20分

カードなどで8~10等分に切り分け天板の上で二次発酵(自然だと2時間位? 今回はレンジの発酵機能20分 自然10分でしました)

オーブンを250度で余熱。
クープを入れる。
220度で20分焼く。


オーブンによって時間がちがうと思うので目安程度にしてください。

本当は砂糖とスキムミルクは要らないんだけど、気持ち甘くしたかったのでちょっとだけ入れてみました。


味は、酵母液が多めに入っているのでもちもちしてて美味しいのとほのかにぶどうの香りもしました。
胡桃とかれーレーズンを入れたり、全粒粉を入れてもいいかも♪

作るのも簡単だし、アレンジもしやすそうなので、酵母液があまったときに作りたいと思います。
2008/08/07(木)
『パネトーネマザー種のミニパンとイーストのミニパン』
パネトーネマザー種を手に入れたのでまたまたパンを焼いてみました
今回は比較のためにドライイーストでもパンを焼きました。


DVC00102.jpg
パネトーネマザーで熟成パン

DVC00101.jpg
カメリアのドライイーストパン

比較するはずが、配合と作り方が違うので比較にならないかも知れないけど、仕上がりがまったく違って驚きました

パネトーネマザーは天然酵母なのでなのか、砂糖・塩・牛乳・マーガリンを入れたのですが結構ドッシリした感じに。
ドライイーストは最低限の砂糖と塩と水だけだったけどものすごくふんわりなりました。

今回はミニパンだったので数が結構出来るので形成も色々してみました。

うまくいったのやら失敗したのやら・・・
霧吹きで水をかけたり、たまご塗ったり湯でたりしました。

味の方は、プレーン・ココア・胡桃・レーズン・ドライフルーツ混ぜ合わせなど、家にあるものを適当に入れてみました。


ミニパンは数が増えるから大変だけど、色々な形を作ったり見た目も可愛いので作っててとても楽しかったです。

今日作ったパンの数は28個
満足いく形になったのは10個くらい?

クープを入れても思い通りにいかないのが難しいです


また作りたいけど、とりあえずはこれを消費しないと
2008/07/29(火)
『バナナ酵母で丸パン』
今回はバナナ酵母ストレート法で焼きました。


バナナ酵母は熱かったせいか2・3日で酵母がおきたので驚きました
しかもビンからあふれ出しそうなくらいシュワシュワ元気にしてたのでストレート法で作ってみました

DVC00093.jpg

いつもリーンなパンばっかりだったので、ふんわりしたのをたまには食べたいと思い配合を少し変えてみました。

≪材料≫
強力粉    200g
薄力粉     50g
酵母液    130g(漬けてあるバナナの実含)
塩        4g
砂糖       5g
マーガリン     10g

≪作り方≫
マーガリン以外を全部混ぜて捏ねて、生地がある程度まとまったらマーガリンを練りこみ、滑らかになるまで捏ねる。

きれいに丸めてボールに入れて、ふんわりラップをかけて乾燥しないように一晩1次発酵。(今回は7時間ほど)

パンチングしてから生地を等分にして切り口を中に丸め込むように丸めて15分ベンチタイム。

形を整えて天板に乗せて1時間ほど二次発酵。
オーブンを200度で余熱

クープを入れて粉を振りかけて190度で20分焼く。


糖分と油脂が入っているのでふんわりしていて、ほのかにバナナの香りがしました。

本当は俵型にして小さいフランスパンみたいな形にしたかったけど、焼いてる間に丸々と膨らんで球形になってしまいました最後の最後で詰めが甘かったです↓

次はベーグルあたりに挑戦してみたいです。あと次はなにで酵母作ろうかな~?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。