--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/07/29(火)
『バナナ酵母で丸パン』
今回はバナナ酵母ストレート法で焼きました。


バナナ酵母は熱かったせいか2・3日で酵母がおきたので驚きました
しかもビンからあふれ出しそうなくらいシュワシュワ元気にしてたのでストレート法で作ってみました

DVC00093.jpg

いつもリーンなパンばっかりだったので、ふんわりしたのをたまには食べたいと思い配合を少し変えてみました。

≪材料≫
強力粉    200g
薄力粉     50g
酵母液    130g(漬けてあるバナナの実含)
塩        4g
砂糖       5g
マーガリン     10g

≪作り方≫
マーガリン以外を全部混ぜて捏ねて、生地がある程度まとまったらマーガリンを練りこみ、滑らかになるまで捏ねる。

きれいに丸めてボールに入れて、ふんわりラップをかけて乾燥しないように一晩1次発酵。(今回は7時間ほど)

パンチングしてから生地を等分にして切り口を中に丸め込むように丸めて15分ベンチタイム。

形を整えて天板に乗せて1時間ほど二次発酵。
オーブンを200度で余熱

クープを入れて粉を振りかけて190度で20分焼く。


糖分と油脂が入っているのでふんわりしていて、ほのかにバナナの香りがしました。

本当は俵型にして小さいフランスパンみたいな形にしたかったけど、焼いてる間に丸々と膨らんで球形になってしまいました最後の最後で詰めが甘かったです↓

次はベーグルあたりに挑戦してみたいです。あと次はなにで酵母作ろうかな~?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。